サービス案内SERVICE

外壁塗装について

施工の流れ

  1. ❶ お問い合わせ まず現在の外壁がどのような状態なのかを相談します。ひび割れや色落ち、カビがあるなどの気になる点や質問がある場合にはご遠慮なくご相談ください。外壁診断士が丁寧、親身にご対応させていただきます。
    ・施工中、または既に施工済みの現場を案内する事が可能ですのでお気軽にお問合せください。
    ・現地調査日はお客様のご希望される日に伺います。

  2. ❷ 現場調査はすべて無料なので安心 現場調査では外壁塗装を長年現場調査しているプロフェッショナルが実際に外壁の現在の状態を正しく確認して診断します。

  3. ❸ 無料で診断結果のご報告と3つのご提案 劣化状況などをデジタルカメラでの撮影や必要に応じ動画撮影を行い、あわせてわかりやすくひび割れ、色落ち、カビや劣化による傷みなどの問題点をご報告させていただきます。
    ・劣化が激しく建物に影響を与える重度の問題がある場合は、塗装リフォームをご提案致します。
    ・一部破損している場合や軽度の傷みがある場合には、一部メンテナンスとして最適な補修をご提案致します。
    ・問題が見受けられなかった場合には、今後のメンテナンス時期と美観を長く保つ方法などをご提案を致します。
    外壁塗装の必要がある場合には一般の方にはわかりにくい塗料の種類や特徴、価格をメリットとデメリットをまじえ詳しくご説明致します。

  4. ❹ お見積り書の作成はもちろん無料 外壁の診断結果とお客様のご希望を合わせていくつかの塗装パターンをお見積りすることも可能です。自治体により外壁塗装の助成金が受けられる場合には、アドバイスをさせていただきお客様のご負担を減らすご提案も致します。

  5. ❺ ご契約 ご納得いただけた場合は契約書を作成致します。契約書には工事内容・工期・品質・使用塗料・金額・工期の日程・保償内容が明確に記載されているため安心いただけます。

  6. ❻ 施工開始に伴う近隣対策へのご挨拶 施工中ご迷惑をお掛けするご近隣へのご挨拶まわりは事前に当社スタッフが行い安全に配慮し実施します。

  7. ❼ 足場の設置 工事を安全に行うため初日に安全対策として足場を組み養生ネットを張ります。足場は職人が安定した体勢で作業ができるためきれいに仕上がり、落下の危険性を回避し職人と通行人の安全を守ります。

  8. ❽ 高圧洗浄 塗装部分を高圧洗浄し、塗装面にこびりついた汚れ・カビ・コケ・剥がれかけている旧塗膜などを徹底的に洗い落としてきれいにします。 この作業を丁寧に行うことで、塗料が密着するとともに持ちが良くなります。

  9. ❾ 下地処理 塗装の寿命が決まる大事な作業です。外壁のひび割れや剥がれなどの処理やシーリング部分の補修を行います。

  10. ❿ 養生・マスキング 塗装をしない部分をビニールやテープを使ってカバーします。

  11. ⓫ 塗装 下塗り、中塗り、上塗り(仕上げ)の3回塗りで施工します。3回塗ることで塗膜が厚くなり長持ちします。

  12. ⓬ 最終確認・補修 塗り替えが完了したら養生を外し、塗料がはみ出ている場合は補修作業を行い最終チェックをします。お客様ご自身で工事内容のご確認も可能となっており、不具合がある場合にはしっかりと補修します。

  13. ⓭ 足場の解体・清掃 初日に組んだ足場と養生ネットを撤去し、周囲の清掃を行います。

  14. ⓮ 施工完了とお引渡し 最終総合点検を行い工事完了とします。

外壁塗装の重要性とは

外壁塗装とは、家や集合住宅の外壁に塗られている塗装のことですが、外壁塗装は外観をきれいにするためだけに重要なわけではありません。
たしかに、塗り替えることにより外観がきれいになり、新しい色は新鮮な気持ちにさせてくれます。お住まいのご家族や集合住宅などのオーナーにとって家やマンションなどに対する愛情が強くなるなど付加価値も生まれます。
しかし外壁塗装には重要な役割があるのです。
外壁は常に雨や風、紫外線にさらされており、守るために施すのが塗装です。外壁塗装に使われる塗料の種類やお住まいの環境によっても耐久年数が異なりますが、外壁塗装には寿命があります。
現在最も主流になっているシリコン系塗料でも10年~15年ほどで寿命をむかえます。劣化したままにしておくと本来、長持ちするはずの建物の寿命が短くなってしまいます。
そのため外壁塗装によって、ひび割れや色落ち、汚れ、カビや劣化による傷みが出てきた外壁を補修し塗られた塗料を塗り替え変えることで家や集合住宅を長持ちさせます。外壁に塗料を塗ることにより断熱性や防水性が備わります。
劣化したまま放置しておくと建物内に水が浸入しカビが発生してしまいます。湿気を含んだ材木にはシロアリが繁殖し、柱がダメージを受けボロボロになり地震や台風の強い揺れで家全体が倒壊してしまう危険性があります。
家や集合住宅は建物の一生のうちで2~3回、外壁塗装の寿命に応じて塗り替えが必要です。安全な建物に快適に住むために外壁塗装をしましょう。

屋根工事について

施工の流れ

  1. ❶ お問い合わせ まず現在の屋根がどのような状態なのかを相談します。一番多いのが雨漏りですが、劣化による色あせや台風や地震などに対する不安がある場合も具体的に相談しましょう。スタップが丁寧、親身に対応します。
    ・現地調査日はお客様のご希望される日に伺います。

  2. ❷ 現場調査はすべて無料なので安心 現場調査とは屋根の専門家が実際に屋根に上り、屋根の現在の状態を正しく確認して診断し、屋根の劣化による傷みなどをお客様にわかりやすくご説明をします。お客様にご相談し必要に応じて散水試験による雨漏り調査を行います。もしも現在雨漏りがある場合には、応急処置も致します。

  3. ❸ 屋根診断結果のご報告と3つのご提案 劣化状況などをデジタルカメラでの撮影や必要に応じ動画撮影を行い、あわせてわかりやすく問題点をご報告させていただきます。
    ・台風や地震による危険性が高い場合や劣化が激しく重度の問題がある場合は、屋根リフォーム(葺き替え)をご提案致します。
    ・一部破損している場合や軽度の傷みがある場合には、一部メンテナンスとして最適な補修をご提案致します
    ・問題が見受けられなかった場合には、今後のメンテナンス時期についてのご提案を致します。

  4. ❹ お見積り書の作成 お客様のご希望に合わせていくつかのパターンを作成することも可能です。屋根のリフォームにご利用できる補助金、リフォーム減税などのアドバイスをさせていただきお客様のご負担を減らすご提案も致します。

  5. ❺ ご契約 契約書には工事内容・工期・品質・使用部材・金額・補償内容が明確なため安心いただけます。

  6. ❻ 工事着工 ご近隣へのご挨拶まわりは当社スタッフが行い安全に配慮し実施します。

  7. ❼ 工事完了 お客様にご確認いただき工事完了とさせていただきます。

屋根工事の重要性とは

屋根は、家の中で最も過酷な環境に耐えています。太陽の日差しや雨、雪・風から家を守ってくれていますが、気づかないうちに屋根が劣化し傷んでいることがあります。
屋根の劣化は放っておくと危険です。たとえば地震によって重い屋根素材である瓦が落ちて通行人を直撃してしまう可能性があります。金属屋根は、さびに強いと言われていますが、強風で飛ばされた物やアンテナなどで表面に傷が付くとその部分の塗装がはがれてしまい、塗装のはがれた金属はさびに弱く穴が開いて雨漏りの原因になります。
スレート屋根の頂点を止めている鉄板は棟板金と言いますが、一番風圧が掛かる場所です。台風で固定している釘が浮いてしまうと、浮いた部分から水が入り込んで中の木が腐ることや、強風に煽られて浮き上がった板金が飛ばされて他の家や人に当たるリスクもあります。
このように、地震や台風によって屋根に大きな負担がかかってしまい雨漏りの原因になります。雨漏りを放置していると家の内部が腐食してしまい、大事な柱が腐ったりシロアリ被害に遭い、建物が崩れる危険性があるので 柱の入れ替えや修理の必要性が出てきて多額の工事費がかかります。
その他にも屋根は外壁以上に自然に劣化していき、色あせやひび割れ、家の環境によって湿気がこもりやすい屋根は、カビや藻が発生します。
早期に発見し適切なメンテナンスを行うことにより、屋根は住居を守り寿命を延ばしていきます。定期的にメンテナンスをしましょう。

お問い合わせ